【Qlik Web Connector】第2回 Google Analyticsからデータ読み込み – クエリーURI作成

ロニー
こんにちは。Ronnyです。

前回は、「Qlik Google Analytics Connector」にGoogleアカウントへのアクセスを許可しました。

今回は、 Google Analytics Account から特定のデータを読み込むために使用できるクエリ URI(Uniform Resource Identifier)を作成します。

Qlik Web Connectorアプリケーションを起動し、Webブラウザで開きます。

表示されたリンクをクリックするか、Webブラウザで<http://localhost:555/web>と入力します。

 

Premium connector に移動し、[Qlik Google Analytics Connector]を選択します。

次に、Web Connector に  Google Analytics Account へのアクセスを許可します。

アクセス許可の設定は、Tablesメニューの[DataFromQueryURI]を選択し、 [Parameters>]ボタンをクリックしてください。

作成した認証トークンと接続しているGoogleアカウントが表示されます。

認証トークンの上のテキストにある[here]リンクをクリックします。

新しいブラウザウィンドウが開きます。

https://ga-dev-tools.appspot.com/query-explorer/

「Query Explorer」では、まず、Account、PropertyおよびViewを選択し、データを取得するために利用するViewの概要を決定します。

https://developers.google.com/analytics/devguides/reporting/core/v3/reference

次に、ids、start date、end date、metrics、dimensionsなどのクエリパラメータを設定します。

それぞれのパラメータの詳細については、Googleデベロッパーガイドをご覧ください。

https://developers.google.com/analytics/devguides/reporting/core/v3/reference

必要なすべてのパラメータを設定したら、[Run Query]ボタンをクリックします。

クエリが成功すると、クエリの結果が表示されます。

結果はQlik Google Analytics Connectorに必要な「API Query URI」にもなります。

[include current access_token in the Query URI]のチェックボックスが選択されていないことを確認してください。

Qlik Google Analytics Connectorの「Query URI」入力フィールドにAPI Query URIをコピーして貼り付けます。

URIの “?”マークの後の部分をコピーしてください。

次に、[Save Inputs & Run Table]ボタンをクリックします。

Tabの「Data Preview」では、「Query Explorer」でクエリを実行した後に表示されたものと同じテーブルが表示されます。

問題がある場合は、エラーメッセージが表示されます。

 

これで、Qlik Senseスクリプトで使用できるクエリ URIが得られました。

次回はQlik Senseスクリプトで作成したクエリ URIを実装する方法について掲載します!

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。