日付・時刻の書式設定

関数のパラメータで日付や時刻の書式設定を行う

こんにちは。Deckです。
今回はQlik Senseで利用可能な日付・時刻の書式設定を紹介します。
これらの書式設定はチャート・スクリプトのDate関数やTimestamp関数で利用可能です。

年月日の書式


  • YY……年を2ケタで表示
    YYYY……年を4ケタで表示

  • MM……短い名前の月を表示
    MMMM……長い名前の月を表示(例:4月)

  • DD……日を表示
  • 曜日
    WW……月曜日=0~日曜日=6として週日を表示
    WWW……短い名前の曜日を表示(例:土)
    WWWW……長い名前の曜日を表示(例:土曜日)

時刻の書式


  • TT……AM/PMを表示
    HH……時を表示(12時間制)

  • mm……分を表示

  • SS……秒を表示
  • ミリ秒
    FFF……秒以下(3ケタまで)を表示

実際の使用例

上に挙げた以外の文字や記号は自由に使うことができます。
これらを組み合わせた例をいくつか表示します。

  • Date(‘2017/04/01′,’YY/MM/DD’)
  • Date(‘2017/04/01′,’YYYY/MM/DD(WWWW)’)

スクリプトで書式を変更

データ ロード エディタからのDate関数で使われる月・曜日の書式設定を変更することができます。
デフォルトで設定されているこれらの変数を変更するとDate関数の結果が変わります。
(土曜日 → Saturday などに設定することができます)

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。