【ステップアップ】ゼロから学ぶQlik Senseのデータ分析 第十回パレート図を使った分析

「ここまで合計して全体の何%」の分析

こんにちは。Deckです。
今回はパレート図とはなにか・パレート図の作成方法を解説します。

パレート図とは

突然ですが、統計やデータ分析の場面で「売上の8割は顧客のうち2割が生み出している」といった言葉を聞いたことはありませんか?
パレート図を使えば、売上を上位から順に集計していって、上位の○%が全体の△%の数値を占めているのか……?ということを知ることができます。
同様の考え方を使って、売上上位を占める主力商品を分析することもできます。
パレート図は「上位○%」を知る時に便利なのです。

サンプルデータダウンロード

サンプルとして使用するデータは第五回と同様です。
今回のチャート作成に使用するデータはこちらからダウンロードできます。

download

zipファイルを解凍した後、新規Qlik Senseのアプリを作成し、「注文明細サンプル.csv」「商品マスタ.csv」を取り込んでください。
Qlik Senseでのデータの読み込み方がわからない方はこの記事を参照してください。
「【初心者向け】ゼロから学ぶQlik Senseのデータ分析 第二回 ドラッグ&ドロップでデータのロード」
では、準備はいいでしょうか?

パレート図を作成

では、実際に商品を軸に売り上げを分析するパレート図作ってみましょう。
パレート図には構成要素となる数式が2つあります。

  • 売上金額を集計する数式
  • 売上を上位から集計して、全体の何%か表示する数式

それぞれの数式を解説しながら数式を入力します。
まず、コンボ チャートを作成し、軸に「商品」を設定します。

1番目の数式を作成します。
ラベルは「売上金額」とし、数式に「Sum([売上金額])」と入力します。

2番目の数式を作成します。
ラベルは「全体からの割合」とします。
以下の数式を入力します。

RangeSum(Above(Sum([売上金額]),0,Rowno()))
/
Sum(Total [売上金額])

RangeSum(数式)は特定の範囲を集計する関数です。
Above(数式[,オフセット,[カウント]])は現在の行より前の行を集計できる関数です。
オフセット=0,カウント=RowNo()とすることで「現在の行から数え始めて、RowNo(=現在の行番号)だけ上の行まで集計する」となり、例えば10行目なら1~10行目の合計を集計できます。
これを商品に関係なく売上金額の合計で割ることで「ここまで○%」を計算しています。
数値書式を「パーセント」表示に、グラフの種類を「線」に変更し、「副軸」表示を設定します。
この設定をすることで割合が0~100%の軸が右側に表示されます。

続いて、パレート図では売上上位から集計するためソート順を変更しましょう。
「ソート」メニューから優先順位を変更し、売上金額が上位の商品から順に表示されるようにします。
ラジオボタンでカスタムメニューを開き、「数式でソート」を選択し、「Sum([売上金額])」を入力します。ソート順は降順に設定します。

完成

基本的なパレート図の作成ができました。

「上位の顧客や商品が知りたい!」という時にはぜひパレート図を思い出してください。

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。