【初心者向け】ゼロから学ぶQlik Senseのデータ分析 第一回 導入

| カテゴリー一覧次回の記事 >>

こんにちは。Deckです。

この記事はQlik Sense初心者のためのゼロからの解説をするシリーズ、第一回目です。

データ分析に興味があるけれど、どうやったらいいかわからない……」

ビッグデータって単語をよく聞くようになってきたけど、これっていったい何?」

エクセルとパワーポイントのグラフでプレゼンテーションをやってきたけれどできることに限界を感じてきた!」

という方に向けて、Qlik Senseの解説をしていきたいと思います。

そもそもQlik Senseを使うと何ができるの?

  • 売上や顧客数などのデータの可視化(集計したり、グラフにしたり)ができる
  • 年月・教科・商品などのデータをワンクリックで絞り込んで即座に再計算(エクセルではできませんよね?)

しかも個人使用なら無料で使えます!

ということは、高校生や大学生はもちろんのこと、データ分析が初めての方にもオススメです!

 

Qlik Senseを使うとどんなことができるのか、画面で説明してみましょう。

エクセルやCSV、その他のデータをファイルをQlik Senseに取り込むと、

20130903_429460     矢印     qlik-sense-logo

売上のダッシュボードを表示するのはもちろん……

ダッシュボード例

グラフをクリックして欲しいデータだけを絞り込みできます。

全データを俯瞰して眺めることと、その一部分だけを抜き出して分析することができるのです。

つまりこの画面のデータを絞り込んで、

絞り込む前

(空白)      矢印下

特定の商品のみを分析することができます。

絞り込み2

絞り込みの機能を使うと売上順のランキング表示を年代順に行って、どの年代に何が売れているのか把握したりできます。

年代別

 

どうでしょう?どんなものかイメージができたでしょうか?

これからの一連の記事でこれらの画面を実際に作成してみましょう。

Qlik Senseの基本から解説していきます。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

Deck

| カテゴリー一覧次回の記事 >>

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)