【初心者向け】ゼロから学ぶQlik Senseのデータ分析 第六回 マスターアイテムでドリルダウン分析

こんにちは。Deckです。

データ分析をしてゆく中で、大まかな分類での集計から微細な集計へと掘り進める分析が必要となる場合があります。
今回は年→月のように、階層構造のあるデータの分析を試してみましょう。

サンプルとして使用するデータは第五回と同様です。
今回のチャート作成に使用するデータはこちらからダウンロードできます。

download

zipファイルを解凍した後、新規Qlik Senseのアプリを作成し、「注文明細サンプル.csv」「商品マスタ.csv」を取り込んでください。
Qlik Senseでのデータの読み込み方がわからない方はこの記事を参照してください。
「【初心者向け】ゼロから学ぶQlik Senseのデータ分析 第二回 ドラッグ&ドロップでデータのロード」
では、準備はいいでしょうか?

ドリルダウン分析の準備……マスターアイテム・棒グラフの作成

新規シートを作成し、空の棒グラフを配置してください。

%e7%a9%ba%e3%81%ae%e6%a3%92%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

Qlik Senseでドリルダウン分析を行うためのキモになるマスターアイテムを作成します。
これはQlik Senseに階層構造を認識させるために不可欠なものです。
「新規作成」ボタンでマスターアイテム作成画面に入りましょう。

%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%83%a0%e3%81%ae%e4%bd%9c%e6%88%90%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%ae%e5%a0%b4%e6%89%80%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8b_b

画面の番号に沿って入力してみてください。

①軸の種類をドリルダウンに設定し、
注文年、注文年月を順にクリックします。
③軸になる項目が表示されます。2つより多い項目を設定することもできます。
より大まかな分類を上に、詳細な分類は下に配置すると分析しやすくなります。
④新しく作成する軸の名前を入力します。
⑤「軸を追加」をクリックしてください。この手順で新しい軸が利用可能になります。

同様の手順で「商品カテゴリ→商品」のドリルダウン軸も作成してみましょう。
手順が終わったら、「完了」ボタンで元の画面に戻ります。

%e5%b9%b4%e2%86%92%e5%b9%b4%e6%9c%88%e3%81%ae%e8%bb%b8%e3%82%92%e4%bd%9c%e6%88%90%e3%81%99%e3%82%8b_border

作成した軸をドラッグ&ドロップで棒グラフに追加しましょう。

%e8%bb%b8%e3%82%92%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%81%ab%e8%bf%bd%e5%8a%a0_border

その後、数式を追加します。
・内容は「Sum(売上金額)
・ラベルは「売上金額
・数値書式は「1,000
を選択しましょう。

%e6%a3%92%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%92%e8%a8%ad%e5%ae%9a_border

プレゼンテーションで「積み上げ」を選択します。

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%af%e7%a9%8d%e3%81%bf%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b

これで年→年月で掘り下げることのできるチャートが完成しました。

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88%e5%ae%8c%e6%88%90

ドリルダウンの使い方

ここまでの手順でドリルダウン分析の準備が整いました。
ここからは作成したグラフを使った掘り下げの手順を紹介します。

年→月の絞り込み

チャートの棒を一本選択します。
そして、右上のチェックボタンで選択を確定します。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%97%e3%81%a6%e5%b9%b4%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%a8

すると、自動的にグラフの軸が切り替わり、年月表示となります。
今回は2015年を選択したため、2015年の1月~12月の売上金額が表示されました。

%e8%bb%b8%e3%81%8c%e5%b9%b4%e6%9c%88%e3%81%ab%e5%88%87%e3%82%8a%e6%9b%bf%e3%82%8f%e3%81%a3%e3%81%9f%ef%bc%81

商品カテゴリ→商品の絞り込み

同じように、商品カテゴリから商品の絞り込みもしてみましょう。

チャート右側の商品カテゴリから「ハードウェア」を選択し、チェックボタンで選択を確定します。

%e5%95%86%e5%93%81%e3%82%ab%e3%83%86%e3%82%b4%e3%83%aa%e3%81%8b%e3%82%89%e9%81%b8%e6%8a%9e_border

商品カテゴリの軸が変化し、今度は「ハードウェア」カテゴリの中にある商品が現れました。

%e8%bb%b8%e3%81%8c%e5%95%86%e5%93%81%e3%81%ab%e5%88%87%e3%82%8a%e6%9b%bf%e3%82%8f%e3%81%a3%e3%81%9f

このように、Qlik Senseでは階層構造のあるデータを柔軟に掘り下げて分析を行うことができます。
この機能を使って、あなたのデータから新しい見方を発見してみてくださいね。

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。