【初心者向け】ゼロから学ぶQlik Senseのデータ分析 第七回 テーブルセルの背景色(その1)

こんにちは。Deckです。

データ分析をしていく中で、特定のデータを目立たせる必要が出てくることもあると思います。
値のプラス・マイナス、特定の値以上であるか、前年と比べてどうか……
そのための背景色の変更やグラデーションを利用した視覚化の方法があります。
今回はQlik Senseを使って、テーブルの背景色を2色に変更する方法を学びましょう。
売上予算を達成したかどうかで色分けを行っていきます。

例えば、売上金額を月ごとに集計した表があるとします。
毎月売上予算を達成する目標があったとすると、

  • 予算達成→青
  • 予算達成できず→赤

このような色分けがしてあるとわかりやすいですね?

サンプルとして使用するデータは第五回と同様です。
今回のチャート作成に使用するデータはこちらからダウンロードできます。

download

zipファイルを解凍した後、新規Qlik Senseのアプリを作成し、「注文明細サンプル.csv」「商品マスタ.csv」を取り込んでください。
Qlik Senseでのデータの読み込み方がわからない方はこの記事を参照してください。
「【初心者向け】ゼロから学ぶQlik Senseのデータ分析 第二回 ドラッグ&ドロップでデータのロード」
では、準備はいいでしょうか?

テーブルの準備

まず、ピボット テーブルを新規作成します。

%e7%a9%ba%e3%81%ae%e3%83%94%e3%83%9c%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%92%e4%bd%9c%e6%88%90

軸を注文年月・数式を売上高・予算達成率とします。
ここでは、例として売上の予算を1億5千万円としてみます。
売上高の数式は 「 Sum([売上金額]) 」
予算達成率は 「 Sum([売上金額]) / 150000000 」
と入力します。

2 %e3%83%a1%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%81%ae%e8%a8%ad%e5%ae%9a

正しく軸と数式の設定ができればこの画像のようなテーブルになります。
引き継ぎ、背景色の設定をしましょう。

3

カラー表現の設定

テーブルの背景色を設定しましょう。
「背景カラー表現」をクリックして、入力ボックスに次の式を入力します。

If(
Sum([売上金額]) >= 150000000, //売上金額は150万円を超えているか?
RGB(220,230,240), //150万円を超えている場合は青い背景色
RGB(240,200,200) //超えていない場合は赤い背景色
)

%e8%83%8c%e6%99%af%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e8%a1%a8%e7%8f%be%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%ab%e3%81%82%e3%82%8b
%e8%83%8c%e6%99%af%e8%89%b2%e3%81%ae%e6%95%b0%e5%bc%8f%e3%82%92%e7%b7%a8%e9%9b%86_small

上で入力した式にあるIfは「指定した条件が満たされているかどうかで結果が2通りに変わる」関数です。
今回の色分け基準は売上金額が予算達成しているかどうかなので、それぞれの意味はこのようになっています。

  • Sum([売上金額]) >= 150000000 …… 売上高は150000000円以上か?
  • RGB(220,230,240) …… 条件式が満たされている場合(予算達成)青い背景にする
    RGBの引数は順にRed(赤),Green(緑),Blue(青)を示しています。
    数値の範囲は0~255で、数値が大きいほどその色が明るくなります。
  • RGB(240,200,200) …… 条件式が満たされていない場合(予算達成できず)赤い背景にする

4
カラー表現の数式を入力すると、「売上高」の列に予算達成できたかのパターンが浮かび上がってきました。
同じように、「予算達成率」にもカラー表現を設定してテーブルが完成します。
1

売上予算を達成できている月は背景が青く、そうでない月は背景が赤くなっていますね。
背景色を変えることで、どの月が予算を達成できているか一目でわかるようになりました。

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。