【初心者向け】ゼロから学ぶQlik Senseのデータ分析 第四回 Senseのチャート紹介 その2

<< 前回の記事 | カテゴリー一覧 | 次回の記事 >>

こんにちは。Deckです。

『ゼロから学ぶQlik Senseのデータ分析』 第四回です。

前回に引き続き、Qlik Senseでよく使うチャートの紹介です!

テキスト&画像

text2
画面文字やアイコン・ロゴなどの画像を表示しておきたいという場合に使います。
特に計算を必要としていないときにも使えますし、計算結果を表示(上の画像ではデータの最終リロード日時とアプリの実行日付を画面に表示しています)することもできます。

  • 上の画像のように、テキストは文字の大きさを5段階から選ぶことができます
  • 画像を表示もできます
  • 数式を計算させることもできる(Sum(合計)やAvg(平均)など、チャートで計算できる数式はすべて使えます)
KPI

kpi3
KPIとはある目標の達成度を評価するための評価基準のことです。売上金額を○○千円と表示したり、達成率をパーセント表示したりするときにKPIを使いましょう。
前回紹介したゲージチャートと似ていますが、KPIにも独自の特徴があります。

  • KPIではテキストと数値がひとつづつ並ぶ
  • ゲージと似ているが、KPIは1つのチャートの中に数式をメインとサブの2つまで入力できることが特徴
  • スペースの都合などでゲージが不要なときにKPIを使うのがよい
ツリーマップ

tree
ツリーマップは「カテゴリで分けられた分析対象を」「数字の大小を面積で表現する」チャートです。
数値の大小を面積で表現するチャートは他にも円グラフや帯グラフがありますが、使い分け方を確認しておきましょう。

  • ツリーマップでは複数の軸を1つのチャートに表現することが多い(「和書」-「雑誌」-「ファッション」のような分類のカテゴリ分け)
  • 円グラフ・帯グラフよりも階層構造がわかりやすい
  • 面積を使って確認することができる

このように使い分けをするといいですね。

フィルターパネル

フィルターパネルは、項目の内容を一覧して選択するためのオブジェクトです。
フィルターパネルの特徴はこのようなものがあります。

  • 年月やカテゴリなど、項目の値を確認できる
  • 虫眼鏡のボタンから項目を検索できる
  • 一覧という意味ではテーブルと似た振る舞いをするが、項目を選択したときに選択範囲外の値が非表示となるテーブルと違い、フィルターパネルでは除外値がグレーアウトして見える(選択値と除外値は以下のような表示)
filter2

また、項目の検索をするときにはワイルドカードを使うことができます。
たとえば下の画像のように「レコーダー」を検索したいとき、
普段の検索ではレコーダーから始まる文字列を検索する(=結果が出てこない)のに対し、検索文字列の前後に「*」を入れておけばレコーダーを含む文字列を検索できます。

filter4filter3
ピボットテーブル

pivot2
Qlik Senseには、前回の記事で紹介したストレートテーブルの他にピボット テーブルという2種類のテーブルがあります。
どちらも計算結果を数値で表示することができるチャートですが、それぞれ異なる部分もあります。
違いをチェックしてみましょう。

  • 最も大きな違いとして、ピボット テーブルでは縦と横でそれぞれ個別の軸を設定することができます。
    今回のチャートでは年齢が行・性別が列方向の軸になっています。
  • ピボットテーブルのみの機能として、「軸の折りたたみ」の機能があります。
    画面に収まらないような大量の項目は最初は大きなカテゴリのみ表示しておき、クリックすると細かいカテゴリまで表示できます。
    pivot3pivot4
  • ピボットテーブルは必ず数式が必要です。項目の内容を一覧したい(集計は特に必要ない)ときはフィルターパネルやストレートテーブルを使いましょう。
マップ

map1map2
マップは集計した値を地図に色を塗り分けて表示したり、地図の上に大小のバブルを重ねて表現するチャートです。
全体を俯瞰することで隣同士の土地や共通する特色を持った地域ごとの傾向が見えてくるかもしれません。

  • 他の地域と値が大きく異なる地域は色が変わったり大きなバブルが表示されてわかりやすくなる
  • 大都市vs地方や海沿いvs内陸など、地域ごとの特色が現れるかもしれない
  • 全体の傾向を見るには便利ですが1つ1つの値を確認することには向いていないので、各々の値を見る必要もあるときにはストレートテーブルで確認しましょう

Qlik Senseのバージョン3.1.0からは軸の国名・都道府県名・市区町村を自動認識して地図上にマッピングされるようになりました。
従来は軸の地名が地図上のどこにあるのかを示すデータを追加で読み込む必要がありましたがそれが不要となり、マップの作成がより簡単になりました。


Qlik Sense標準チャートの説明は以上です。
いろいろなチャートを適材適所で組み合わせて、見る人にわかりやすい分析を行いましょう!

<< 前回の記事 | カテゴリー一覧 | 次回の記事 >>

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。