【ゼロからQlik Sense】第12回 リピーターの分析(2) リピーターが売上金額に占める割合・購入ごとの売上金額

前回の記事

一度だけ購入した顧客とリピーターが占める購入金額の割合

前回の記事に続き、「全体の売上金額の中で、一度だけ購入した顧客とリピーターが占める購入金額の割合」を集計するチャートを作成します。

先ほど作成した棒グラフをコピーし、チャートタイプを棒グラフに変更します。

メジャーのラベルを「Sum(売上金額)」、数式を「売上金額」に変更します。

以上で「全体の売上金額の中で、一度だけ購入した顧客とリピーターが占める購入金額の割合」のチャートは完成です。

リピーターになると明細1件あたりの購入金額は変化するかどうか

最後に「購入回数が多い購入者は1回あたりの購入金額が変化するか」を集計するチャートを作成します。

先ほどと同様にチャートをコピーし、メジャーを変更します。

メジャーのラベルを「明細当たり売上金額」、数式は「Sum(売上金額)/Count(Distinct 明細番号)」に設定します。

ソート順が「購入単価が高い順」になっているので、「購入回数順」に変更します。

購入回数1回当たり売上金額のチャートが完成しました。

このチャートからは購入回数3回までは大きな変化はありませんが、購入回数がそれより多くなると購入単価が下がることが示されています。

実際には5回も購入した顧客は少ないため誤差が大きく出ている可能性も考えられるため、その他の集計と合わせて分析を行いましょう。

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。