選択状態を画面に表示する方法 – 選択メニュー,Concat,GetFieldSelections

選択状態を画面に表示する方法

こんにちは。Deckです。

今回は「Qlik Senseの選択状態を確認する方法」を解説します。

画面上部のメニュー

Qlik Senseで項目を選択すると画面上部にある選択メニューから選択条件を確認・変更ができます。

選択メニューからは選択状態を確認する他にも「選択を元に戻す/やり直す」、「すべての選択を解除」、「選択をロック/アンロック(選択状態を変更できず、他の選択で上書きされない)」の機能があります。

「テキストと画像」で確認

項目の値を複数選択していると画面上部のメニューでは「2/47」のように「何個の値を選択しているか」しか確認できません。

「選択で有効な値を一覧表示したい」というときには「テキストと画像」で関数を使いましょう。

「除外値」以外を一覧表示する

選択メニューの「緑色の値」「白色の値」を表示するオブジェクトを作成してみましょう。

チャートの編集画面から「テキストと画像」を追加し、「メジャーの追加」をクリックします。

以下の数式を入力します。

「=Concat(都道府県,’,’)」

入力した数式を『有効な値は「」』で囲みます。

「選択中の値」を一覧表示する

選択メニューで「緑色の値」を一覧表示するテキストを作成しましょう。

チャートの編集画面から「テキストと画像」を追加し、「メジャーの追加」から以下の数式を入力します。

「=GetFieldSelections(都道府県,’,’,999)」

入力した数式を『選択中の値は「」』で囲みます。

動作の確認

作成したオブジェクトの動作を確認してみましょう。

  • 他の項目が絞り込まれたとき
    「都道府県」以外の選択で有効な値が変わったときはConcatが変化します。
  • 都道府県が絞り込まれたとき
    「都道府県」を選択したときはConcat,GetFieldSelectionsの両方が変化します。

まとめ

Qlik Senseには選択状態を確認する方法がいくつかありますが、今回はその内よく使う方法を3つ紹介しました。

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。