Qlik Datamarketの利用

オンラインのデータソースを活用

こんにちは。Deckです。

Qlik SenseではQlik Datamarketサービスを利用することで世界の経済・天気・人口などのデータを利用することができ、一部は無料でデータのロード・分析が可能です。

データマネージャーでデータをロード

新規アプリを作成し、「データの追加」を開きます。

元データとなるパッケージを選択できます。ここでは「Essentials Free」を選択しましょう。

「Weather」を選択します。

「Weather in 50 cities wolrdwide」を選択します。

「Dimension」「Time」「Measure」を選択します。

データモデルのプレビューです。Qlik Datamarketでは最適なデータモデルが準備されているためこのまま「データのロード」をクリックします。

ロードした気候データの活用

では、取り込んだデータを可視化してみましょう。

新規シートの編集画面から「マップ」を追加します。

軸の設定は「Country」→「エリア」を選択します。

デフォルトでは背景が表示されていません。背景の表示を「オン」に設定しましょう。

マップを気温ごとに色で分けて表示してみましょう。

「色と凡例」メニューの設定を「カスタム」→「メジャー別」に切り替えます。

数式の編集ボタンをクリックします。

「国ごとの平均気温」を集計する数式を入力します。

項目名が長いため右側のメニューから項目を選んで項目名を挿入しましょう。

ラベルを「平均気温(℃)」、配色を「発散グラデーション」に切り替えて色の設定は完了です。

気温が高い地域は赤く、低温の地域は青く色分けされて表示されています。

年月で絞り込んで表示

Qlik Datamarketから取り込んだデータはもちろん絞り込むことも可能です。

シートに年・月を追加しましょう。

年月を絞り込むとマップの表示が切り替わりました。

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。