【データ整形】ピボットテーブルの取り込み

ピボット(回転)テーブル

こんにちは。Deckです。
現実世界のデータにはそのままでは集計に活用しにくい形式のものが多くあります。
今回のデータのように本来「月」という名前で格納されているべきデータがラベルとなっているのもその1つの例です。

この状態のデータを合計することを考えてみてください。
「Sum(3月+4月+5月+6月+7月+8月+9月+10月+11月+12月+1月+2月+3月)」となってスマートではありません。
それだけならばいいのですが、月を絞り込むこともできなくなり、Qlik Senseを集計に用いる強みがなくなってしまいます。
Qlik Senseではこの状態のデータをクロスタブまたはピボット(回転)と呼びます。
このデータを集計しやすいように変形して取り込みを行いましょう。

Qlik Senseでピボット解除

新規アプリを作成し、ドラッグ&ドロップでデータを取り込みします。

エクセルファイルのプレビューが表示されますが、平均列は不要のためチェックを外します。

ピボット解除」をクリックし、ピボット解除する列(4月~12月)を選択します。

ピボット解除後のプレビューが表示されます。項目名「月」「成績」を入力しましょう。

項目名を設定したら「データのロード」をクリックします。

取り込み後のデータです。この状態であれば、例えばAvg(成績)で成績の平均をとるなどの集計が行いやすくなります。

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。