Qlik Dev Hubとは  第2回

みなさんこんにちは、Cyndiです。((φ( ̄Д ̄)ノ
今回はエクステンションやマッシュアップなどを作成する「Qlik Dev Hub」について簡単に紹介していきたいと思います。

 

「Qlik Dev Hub」とはQlik sense development toolboxのことです。(* ̄0 ̄)/
2.1.1

 

Qlik Dev Hubには4つのツールがあります。

・Single configurator

・Extension editor

・Mashup editor

・Engine API Explorer

 

まず、「Single configurator」について
Single configuratorはコードを記述することなく、Qlik senseのオブジェクトへのURLを抽出し、外部Webページに埋め込むことができます。 (*゚▽゚)ノ
2.21.2

 

次に「Extension editor」です。
Extension editorは、エクステンション開発を行うことができます。前回の記事でもお伝えしましたが、標準提供されていない機能を開発することができます。φ(・ω・ )
2.1.3.3

 

次に「Mashup editor」について
Qlik senseチャートを利用し、Bootstrap等と組合せて、マッシュアップサイトを作成することが可能です。
Mashupには5つのテンプレートがあるので、作成したQlik senseチャートをドラッグ&ドロップすることで簡単にMashupサイトを作成することができます。

また、JavaScriptファイル・HTMLファイル・CSSファイルの設定を変更することで、オリジナルMashupサイトを作ることも可能です。φ( ̄∇ ̄o)
2.1.5

 

最後に「Engine API Explorer」について
Qlik Engine APIはクライアントとQlik sense Engine間でJSONを使用して、情報を受け渡しするWebSocketプロトコルです。このAPIを利用することで、アプリのレイアウト情報を取得、シートを開く、などのメゾット実行を確認できます!
「Methods」には色々な項目がありますので、ぜひ試してみてください。ε=(ノ^∇^)ノ
2.1.6

 

 

紹介は以上となります!
次回はExtension editorで、第1回で作成したエクステンションを使用して、文字列表示を行います!!∩`・◇・)

 

 

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。