【データ収集】Webページからデータをロード

インターネット上のデータを読み込む

こんにちは。Deckです。
今回は少し変わった方法のデータ取り込みを紹介します。
Web上のファイルをダウンロードしてリロードする方法です。
Qlik Senseでは、CSVやエクセル形式以外に、HTMLで記述されたテーブルを読み込むことも可能です。
早速はじめてみましょう。

Webからデータ作成

新規アプリを作成し、「データの追加」をクリックします。
データソースへの接続画面が表示されるので、「Webファイル」を選択します。

今回は例として、Wikipediaの『日本の人口統計』(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E7%B5%B1%E8%A8%88)のページからデータを選択してみましょう。
画面のうち、年・出生数・死亡数・自然増減数・合計特殊出生率のテーブルを読み込むことにします。

ブラウザからページのURLをコピーしQlik Senseに貼り付け、タイトルを入力します。

Webページの読み込み時、文字コードが自動認識されていない場合があるため、文字化けしない文字コードを選択します。
UTF-8またはShit-JISで読み込みを行うとうまくいく場合が多いです。

文字コードの問題が解消したら「データの追加」をクリックします。


Webページから取り込んだデータがQlik Senseで集計できるようになりました。

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。