アプリに画像を追加

自分で用意した画像をアプリで表示する

こんにちは。Deckです。

今回は「テキストと画像」オブジェクトやシートのアイコン、「アプリのスタイル」で標準以外の画像を指定する方法を紹介します。

Qlik Senseのフォルダに画像を保存

Qlik Sense(Desktop版)では以下のフォルダに使用する画像を配置する必要があります。

「C:\Users\(ユーザー名)\Documents\Qlik\Sense\Content\Default」

Qlik Senseが認識する画像ファイルは『.png、.jpg、.jpeg、.gif』形式のいずれかである必要があります。

画像が使用できる場所

Qlik Senseでは以下の箇所で画像を使用できます。

一度アプリ内で使用した画像はqvfに同梱され、ほかの人にアプリを共有する場合に元の画像ファイルを送信する必要はありません。

シート一覧に表示されるアイコン

アプリのシート一覧からシートのアイコンを設定することができます。

アイコンを変更するためにはシート名の「i」ボタンから設定メニューを開きます。

「テキストと画像」オブジェクト

「テキストと画像」オブジェクトの編集から画像を追加することができます。

シートタイトルのアイコン

シートタイトルのスタイル編集から画像を設定することができます。

 

「Qlik Senseのアプリに画像を追加する」の解説は以上です。

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。