ピラミッド型チャートの作成

人口ピラミッドの作成

こんにちは。Deckです。

今回はピラミッド型のチャートを作成してみましょう。

ピラミッドチャートは「年齢」「性別」ごとの人数を可視化する典型的なチャートです。

例として属性入りの会員登録人数のデータをご用意しましたのでQlik Senseで取り込んで使用してください。

サンプルデータダウンロードはこちらから行えます。

チャート作成

では、ピラミッド型チャートを作成してみましょう。

Qlik Senseにデータを取り込んだ後、棒グラフを追加します。

チャートの軸を設定します。

サンプルデータの年齢軸ではチャートが細かくなりすぎるため10歳ごとの年代を軸にします。

軸の項目に次の数式を入力します。

=Floor(年齢,10) & ‘~’ & (Ceil(年齢+1,10)-1)

次にメジャーを作成します。

ピラミッド型チャートでは男性・女性の2本の数式が必要です。

次の数式を入力しましょう。女性の数式は先頭にマイナス記号が必要です。

Count({<性別={‘男’}>}[会員番号])

Count({<性別={‘女’}>}[会員番号])

軸とメジャーを設定するとこのような表示になっているはずです。

見た目の設定

続けて、プレゼンテーション設定で「積み上げ」「水平」を選択しましょう。

ソート順を設定します。

年代を最優先にし、アルファベット順ソートの降順にします。

最後にメジャーの数値書式を設定します。

この設定で単位を「人」とし、軸のマイナス表記を消すことができます。

#,##0人;#,##0人

完成

以上でピラミッド型チャートの作成完了です。

QlikSenseを体験してみませんか?

アイウェイズコンサルティングでは毎月QlikSenseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。 初めてQlikSenseをご利用される方を対象に、QlikSenseって何?ってところからQlikSenseと他のBIとの違いについてもわかりやすくご説明させて頂いております。