4つの方法でデータが製造業を根本から変える

■資料概要
データの可能性を実際の業績につなげるには、どうすればよいでしょうか
データは間違いなく、あらゆる場所に存在しています。デジタル世界では、毎日のように人の行動に基づいてデータが生成され、その量は増加し続けています。実際には、2025 年までに、データ主導型の対話は 1 日 1 人あたり 4,785 件に達し、世界全体の ” データ空間” は 163 ゼッタバイトまで増加します。
このデータすべてが、製造業にとっては非常に大きな、そして前例のないチャンスです。インテリジェンス、最適化、イノベーション、収益、拡大、そして、競争力。データ主導型インサイトが最も大きな影響をもたらすのは、どの領域でしょうか。そして、どのようなメリットを期待できるのでしょうか。

2018 年、調査対象の組織のほとんどが、デジタルビジネス戦略の主な目標をいくつか挙げるよう依頼されたとき、戦略によって大きな成果を達成できると期待していました。

■目次
はじめに
データが製造業に与える影響
顧客インテリジェンス
再考されたプロセス
新しいビジネス機会
バランスのとれたリスク / リターン
最後に

■対象業種
全業種

以下の入力フォームに必要事項をご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。
ダウンロード用URLを記載したメッセージが表示されます。
※この入力フォームから送信した内容等については、暗号化(SSL)により保護されています。


Qlik Senseを体験してみませんか?

INSIGHT LABでは毎週Qlik Senseの無料ハンズオンセミナーを開催しています。初めてQlik Senseをご利用される方を対象に、Qlik Senseの概要や、他のBIツールとの違いについて分かりやすくご説明いたします。